快眠方法ナビ - ツボ押し・音楽で目覚めスッキリ!TOP > 主な対処法とは? > 体内時計との関係

体内時計との関係

 

1日は24時間ですよね。

 

それに対して体内時計は25時間となっているんですが、あなたはご存知ですか?

そもそも、この体内時計のことは知っていますか?

 

意外と知らない方が多いのではないでしょうか。

 

25時間ということなので、1日1時間ずつ差が出てきてしまいますよね。

 

では、なぜ人間は1日24時間で暮らしていく事ができるのでしょうか。

 

まず、朝起きて朝日を身体に浴びると、視神経を通して松果体という箇所に信号が伝わります。

 

それによってメラトニンという物質が分泌されます。

 

これが、言い換えると時計ホルモンと呼ばれているものになります。

 

この時計ホルモンは、身体全体に時間の情報を届けてくれます。

 

それによって、分泌から約14時間後に眠気が来るように促してくれています。

 

これによって、太陽の光を浴びてから14時間後に眠るという体内リズムができるということになります。

 

この結果、1時間という差が消えてしまうということになります。

 

次に、気持ち良く快眠ができるようにする為には、体温調節をしっかりコントロールする必要があります。

 

眠気がくる時は、抹消神経が通常生活時より拡張されるんですが、その拡張した所に血液量が増えることで、体温を下げて眠気を誘っています。

 

しかし、手足が冷たいと抹消神経が縮まったままになるので、それでは体温が下がらず寝付きが悪くなるという事になります。

 

なので、眠る時には足を温めて身体を寝る準備にしておくようにしておきましょう。

 

それで、きっと快眠できると思いますよ。

 

この場合の注意点としては、お腹が空きすぎていたり、満腹すぎていたり、酒を飲みすぎていたりしないようにしましょう。

 

このようなことは快眠を妨げてしまうので注意して下さいね。

 

こうして快眠を促して、朝は同じ時間に起きるようにすることで、体内時計を1時間ずらすという体内リズムができてきますよ。

 

最後にもう一つ、朝ごはんは新陳代謝を良くするので食べた方が良いですね。

 

主な対処法とは?記事一覧

体内時計との関係

1日は24時間ですよね。それに対して体内時計は25時間となっているんですが、あなたはご存知ですか?そもそも、この体内時計のことは知っていますか?意外と知らな...

姿勢との関係@

寝る時の姿勢というのは、特に気にしなくて良いと思います。むしろ快眠の為には、本人が寝やすい姿勢で寝るのが一番良いと思いますが、その辺はどうなのでしょう。また、必ずし...

姿勢との関係A

前回に引き続き、こちらでも睡眠時の姿勢について解説していきますね。姿勢もまた、快眠する為には欠かせない要素という事はお伝えしました。そこで今回は、仰向け以外の姿勢に...

いびきとの関係

あなたは、いびきで悩んでいませんか?いびきは本当に悩みの種ですよね。いびきをしている人は、全く快眠とはかけ離れてしまっています。特に、寝ている本人にとっては...

昼寝との関係

あなたは、快眠ができていますか?普段、昼寝をしますか?昼寝って本当に気持ち良いことですが、寝過ぎてしまうと夜眠れなくなってしまうなんて事にもなりかねませんよね。...