快眠方法ナビ - ツボ押し・音楽で目覚めスッキリ!TOP > 主な対処法とは? > 昼寝との関係

昼寝との関係

 

あなたは、快眠ができていますか?

 

普段、昼寝をしますか?

昼寝って本当に気持ち良いことですが、寝過ぎてしまうと夜眠れなくなってしまうなんて事にもなりかねませんよね。

 

そこで今回は、昼寝と快眠の関係について挙げてみたいと思います。

 

ぜひ参考にしてみて下さい。

 

人間のメカニズムとして、通常睡眠というと夜ですよね。

 

夜の睡眠が足りなかったりすると、日中に眠気が襲ってきたりします。

 

この場合の疲れを取る良い方法としては、昼寝が効果的だと言われています。

 

日中は活動する時間ですが、人間の頭脳は起きている間にいつでも活性化されているという訳ではないので、適度に休息を取ることも必要になってくるからです。

 

こうする事で、脳と身体を休めて新たに活動することができるようになるという訳です。

 

※ただし、昼寝で熟睡をしようと考えてはいけませんよ。
 ここではあくまでも仮眠だという事を頭に入れておきましう。
 
もし熟睡してしまうと夜眠れなくなってしまいますよ。

 

熟睡してしまうと、逆に身体がだるくなったりしてしまうので注意が必要です。

 

次に、昼寝をする時の注意事項を挙げてみましょう。
(以下参照)

 

■寝過ぎないこと
大体30分位を目安に寝ると良いですね。
昼寝ならそのくらいの短い時間でも快眠できます。
脳や身体も疲れが取れますよ。

 

※この時、コーヒーや緑茶などカフェインを取ってみて下さい。
 そうすると覚せい作用が起きて目覚めやすいと言います。
 試してみて下さいね。

 

■夕方以降に眠らないようにする
日本では昼寝をしにくい環境ですが、辛いのがお昼を食べた後に睡魔と闘わなきゃいけない事ですよね。

 

逆らっても負けてしまうことの方が多いと思います。

 

お昼時間のちょっとした時間でも、昼寝に当てられたら快眠できると思うので、スッキリと午後仕事が出来るように、あなたも是非試してみてはいかがでしょうか。

 

主な対処法とは?記事一覧

体内時計との関係

1日は24時間ですよね。それに対して体内時計は25時間となっているんですが、あなたはご存知ですか?そもそも、この体内時計のことは知っていますか?意外と知らな...

姿勢との関係@

寝る時の姿勢というのは、特に気にしなくて良いと思います。むしろ快眠の為には、本人が寝やすい姿勢で寝るのが一番良いと思いますが、その辺はどうなのでしょう。また、必ずし...

姿勢との関係A

前回に引き続き、こちらでも睡眠時の姿勢について解説していきますね。姿勢もまた、快眠する為には欠かせない要素という事はお伝えしました。そこで今回は、仰向け以外の姿勢に...

いびきとの関係

あなたは、いびきで悩んでいませんか?いびきは本当に悩みの種ですよね。いびきをしている人は、全く快眠とはかけ離れてしまっています。特に、寝ている本人にとっては...

昼寝との関係

あなたは、快眠ができていますか?普段、昼寝をしますか?昼寝って本当に気持ち良いことですが、寝過ぎてしまうと夜眠れなくなってしまうなんて事にもなりかねませんよね。...